スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしたらいいのかな?
2009年09月24日 (木) | 編集 |
はい、一斉下校の木曜日で~す!

先週、「並びを変えたらどうか?」と意見を出しておいたにもかかわらず、何も変わっていませんでした・・・。

先生もついて来てはくれるけれど、やつらが何かしても、何も言いません・・・。
っていうか・・・先生・・・また、私よりも前にいるし・・・。
そこは私が守るから・・・やつらのうしろに立ってくれないかなぁ・・・って感じです・・・。

意味ないなぁ・・・。

結局、今回も・・・やつらの餌食は私ですヨ・・・。

「なんでこのばばぁ、毎週いるんだ?」とか・・・
「いつも服同じじゃね?」とか・・・
「こいつ、日傘は意味ないって知らんのか?」とか・・・

もう、うるさい、うるさい!!

で・・・

BOKE将軍 「あのさぁ、あんたらが悪い事するから来るんだよ。」
悪 「は?何言っとる、この人?」
BOKE将軍 「人に嫌がらせして、何が楽しいの?」
悪 「それが楽しいんだって!」
BOKE将軍 「あんた、最低だね。」
悪 「は?最低ってなんすか~?」

言いあいしているうちに・・・とりまきが少し離れたので・・・

BOKE将軍 「あんたらも、ムリしてこの人につきあうことないって。悪いのはこの人だけなんだから。」
悪 「は?この人頭おかしくね?」
BOKE将軍 「頭おかしいのはあんただよ。」
悪 「うっせぇ!お前、うちのばばぁ(893女)に言ったる!」

こんな言いあい・・・先生、聞き耳立てて聞いているのに・・・何も言わない・・・っていうより・・・こっちを見ないようにしてるのがわかる・・・。

親も、子も・・・話になりません・・・。というのがよくわかった・・・。
「俺は大人なんかこわくねぇ~んだよ!」だって・・・。

で・・・団地の近くまで来て・・・

先生 「もう、なんともなりませんねぇ・・・やつらは・・・ホント・・・。」
BOKE将軍 「そうですね。」 ← 本当は「先生、何もしてくれないじゃん!」って言いたかった・・・。
一緒に行った人 「もう、いいかげん、並びを変えてくださいよ!」
先生 「早いとこ、なんとかします」 ← やる気ある?
BOKE将軍 「っていうか・・・来週、変えて下さいよ!」

そこへ・・・ヒューっと車が・・・。
確か、先週も・・・。
男の先生が車から出て来て・・・「お疲れ様です」って・・・。

ここで気がついた私たち・・・。
そうか・・・お迎えか・・・。
学校まで歩いて帰るのめんどいから・・・車で帰るのね・・・。
ほぉ~・・・。

来週、変わっていなかったら・・・う~ん・・・最終手段・・・考えようかな・・・。
とにかく、学校もあの悪にはかかわりたくないみたい・・・。

来週?行きますヨ、何があっても!
その前に・・・身の危険を感じるので(一緒に行った人は、スーパーで893女につきまとわれたし・・・)・・・

「私の身に何かあったら・・・すぐに警察に連絡してネ」とお願いしておきました!
その時は、よろしく!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。