スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤はダメなのです。
2011年11月24日 (木) | 編集 |
先日の合唱コンクールの日のお話・・・。

ツッキー 「そうそう、ヒーローがね。ずっと学校来ていなかったのに、合唱コンクールに出てたんだよ。それで、終わったあと、強制的に家に帰らされたんだよ。」
BOKE将軍 「なんで??」
ツッキー 「髪の色は黒に戻っていたんだけどね、靴下がね、・・・赤だったの!」

BOKE将軍 「へぇ~。赤はダメなんだぁ・・・。」
ツッキー 「ちょっとぉ、何?その反応はー。も・・・もしかして・・・アンタも・・・??」
BOKE将軍 「いやいや、赤じゃないんだけどね。」

いつの話かは内緒だけど・・・
通っていた学校は、靴下は白しかダメだったんだけど・・・

黒い靴下とか黒のストッキングを履く子が多かった中・・・なぜかピンクの靴下を履いていた私・・・。(え?)

そんな私を見て担任の先生は笑いながら言ったのです・・・。

「やーい!不良~!!」

先生はわかっていたみたい。私が「不良」と呼ばれたがっていたことを・・・。あはは・・・。
誰でも一度はあること・・・。(ない??)

母は・・・ピンクの靴下を履く私を怒らなかった・・・
なぜなら・・・

弟が・・・

真っ赤な靴下を履いていたから・・・。

母は言った・・・。

「なんで、こんな変な色を履くんだろ??気持ち悪い・・・。洗うのもイヤだわ。いつ買って来たんだ??こんなもの。」

だから・・・赤は・・・ダメなのです・・・。(ピンクもダメ!)

<今日の独り言・・・>

秘密コメントの方:いつもありがとう~!ぴったり賞とは・・・「4kgぴったり!」の賞なのですよ~♪
賞品はなしで、拍手だけでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。