スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
silver memories
2012年02月05日 (日) | 編集 |
昨日は、アンコン(地区)の日!

「インコントラーレ」というお店でランチしたあと、アンコン会場へ。
ツッキー達が乗ったバスと同じ頃に到着。

演奏順25番くらいから最後まで聴いて来ました。

終了後、ロビーに出ると、個人の部の結果が貼り出されていました。
ツッキーの学校から出場した4人は、全員「B」(銀賞)でした。

重奏の部は、結果が張り出されるまで30分待たないといけなかったし、ツッキーから「結果は見て来ちゃダメ!」と言われていたので、見ずに帰って来ました。

ツッキーが帰宅して・・・

BOKE将軍 「ど・・・どうだった??」
ツッキー 「ありえんわ。重奏は4チームともB!と言いたいところだけど・・・打楽器チームだけAだったわ。ありえんわ。あれがAとは。しかもだよ。代表だって。」
BOKE将軍 「顧問の先生は何て言ってた?」
ツッキー 「あいつ、インフルで休みやがった。別の先生も、あのすごい先生も、あれがAなんてありえんって言ってた。大音量ならAっていう話なのか??」
BOKE将軍 「そっかぁ。Bかぁ。前よりもよかったと思ったけど・・・審査員がそう付けたなら仕方ないよね。次、頑張るしかないよね。」
ツッキー 「は??次??うちらに次はないんだよ。何、言っとるの??何のために今日まで頑張って来たの??」
BOKE将軍 「だからぁ、7月のコンクールで頑張れって言ったつもりなんだけど。」
ツッキー 「コンクールとアンコンは別物だわ!ダメだ!話にならん!!」

もう・・・何を言ってもダメダメ状態・・・。

BOKE将軍 「でもさ、打楽器チームは代表なんだから、みんなで応援してあげようよ。」
ツッキー 「なんで、あれが、代表なんだ??みんなおかしいって言ってる!審査員の耳、おかしいって!!誰も打楽器チームを応援しないよ。」
BOKE将軍 「えー??何、それ」
ツッキー 「みんな、納得してない!!それに、先生が言ってたけど、審査員が寝とったらしい。」
BOKE将軍 「やっぱり、そうだよね。」
ツッキー 「え??」

審査員3人のうちの一人が・・・ツッキー達の演奏よりもずっと前から様子がおかしいのには私も気が付いていたのです・・・。
「あの席、審査員だよなー。」とは思っていたけれど・・・
首が90度曲がっていて・・・ずーっと下を向いて・・・たまに揺れるんです・・・。
で、たまに手が動く・・・の繰り返し・・・。

ありえない・・・でも、よくあること・・・みたい・・・。

あやふやなものって・・・結局は・・・運・・・なのかな・・・。
前回は運が良かっただけなのかも・・・。
ダメダメな演奏だった一年生チームと同じ「B」ってのも気に入らないんだろうけど・・・。

でもさ。あやふやなものを確実にするチームってのは、そういう審査員の目を覚ます力を持っているんだと思うけどなー。
それがなかったということか・・・。

代表なのに・・・みんなから応援してもらえない打楽器チーム、かわいそうに・・・。
私は応援してるから、25日の県大会、がんばって~!!

ツッキーのチームのリーダーはどうなったかって??
大荒れだったようですヨ。窓ガラス、割りそうだったって。
すごい先生には、申し訳ない気持ちでいっぱい。
会場にまで来てくれて・・・というか・・・午前中から学校に来ていたらしい・・・。
ありがとう、本当にありがとう。

そして!
顧問の先生!!
(みんなに八つ当たりされるから)当分、出て来ないほうがいいかもよ・・・。あはは・・・。

BOKE将軍 「25日が県大会ってことはさぁ、みんなが行くわけじゃないから・・・部活、休みになるかもねぇ。」
ツッキー 「え!?!?うち、部活行きたい!!練習、したい!!」

まぁ、残った物は大きかったということで・・・。

今日は、ツッキーのお疲れ様会。
ツッキーが大好きな○ロンコ○リーのがんこを食べました!
そのあと、映画「けいおん!」を観て(副部長さんも来てた)・・・マンガ雑誌を買って・・・○ャトレー○の生チョコを買って・・・なんとか、ちょっとだけ機嫌が直ったかな。

明日からは、3年生を送る会と卒業式の曲の練習です!!
送る会では、今までやった曲のメドレーをやるとかなんとか・・・。
聴きたいなー、聴きたいなー。(確か、あれは生徒だけだった気がする・・・)
3年生を感動させるんだよー。

悔しさをバネに・・・みんな、がんばれー!!!

・・・と・・・その前に、学年末テストあるからー・・・っていうのは、テンション下がるから言うのやめとこ・・・。

<今日の独り言・・・>

遠いのに・・・クラスメイトが、アンコン会場に自転車で来てくれていたらしい・・・。
確か、コンクールの時も・・・。
いつも、いつも・・・感謝です!

そして・・・アンコン会場へと足を運ばせてくれたツッキーにも感謝!なのです。
銀色の思い出・・・辛いネ・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。